趣味のパソコン
自宅坪庭に8畳のパソコン小屋を建築して、毎日パソコンを楽しんでいます。 今は、ビデオやデジカメに熱中しています。昭和一桁です。

プロフィール

あぐりの里

Author:あぐりの里
最近、何かと外出や小旅行など、人に誘われて家を
留守にする機会が増えた。お陰で毎日が飛ぶように
流れる。25歳で就職した会社を68歳で退職し、更に
7年の年月が過ぎた。退屈と思った日は無いように
思う。ゴルフとパソコンの上達を目標にしている今
日このごろである。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


合同運動会

高松市香南町合同運動会

 市町村合併で地域の親睦運動会を幼稚園・小学校・地域住民合同で
 大字地域対抗の運動会をしていた。
 小学5年生が140人とは恐れ入った。入学生徒が少なくて閉鎖ま
 で取りざたされた郷里の小学校とは随分ちがう。
 田舎の生徒と違って見えるのは、俊敏性に優れているようだ。
 教育格差や社会性は将来かなり優劣となって現れるように感じた。
 田舎の少人数学級の良さも都会にない優れたところも多くある。
 運動会で一生懸命はしるのは、都会も田舎も同じだ。
 頑張れ!負けるな!過疎地の子!
 

スポンサーサイト

飛行雲

飛行雲

(画面クリック拡大)
 飛行機という針を使って夕日に映えた金糸が伸びる飛行雲!
 毎日どれくらいの数、飛行機が我が家の空をと通っているだ
 ろう。平和な今は美しいと眺めるが、戦時アメリカの重爆撃
 機B29のそれは恐怖であった。
 高知県の宿毛(すくも)港にアメリカのイージス艦が入港し
 た。テレビでみる上陸後の隊員はまったく普通の青年だ。
 子供のとき、敵機には鬼が乗っているんじゃないかと思った
 が、今に思う。彼等もまた普通の隣人に過ぎなかった。
 飛行雲をみて、ぼんやり過ぎしかたを考えた。


ぐみの実

dc051915.jpg

 「見てうまいものは食てうまい」と言うが、ぐみの実は例外のようだ。宝石の輝きについ手が伸びるが、渋く酢ぱく申し訳なさそうに甘味
がほんの少し舌に残る。この頃は青空に鯉幟が泳ぐ、ぐみの実はさくらんぼの実とともに夏を連れてくる。今年は梅雨が早いそうだ。
 

長平祭り

パン食い競争

 例年天候に恵まれない長平まつりが、1日の差で波は少し高いが天気
 に恵まれ、香我美町海岸は無人島を主題としたイベントで賑わった。
 砂浜オリンピックではパン食い、うどん粉のなかのアメ食い、砂浜
 そり引き競争など カラオケ大会、荒れる海へ発砲スチロール手製の
 筏へ賞金目当てに夫々グループが一斉に沖に漕ぎ出した、とたん大波 でひっくり返ったり!地引網で魚を取って分け合ったり、それらをビ デオ、デジカメのカメラマンが縫うように移動しながら撮影。
 いつもなら、無人に近い砂浜も今日だけは一日中音楽と歓声が波間に
 コダマしていた。200年を経て長平もさぞ目を白黒さしているだろ う!

思い込み

思い込み狸

 昔、高知駅のホームでドアー位置を思い込みで先頭に立ち、列車
 の到着を待っていた。後ろに少し長い行列が出来た。やがて滑る
 ようにのぼり列車の扉が次々と目の前を速度を落としながら過ぎ
 て行く。ついに停止!「あっ」行列は叫んだ。乗降口ははるかに
 向こうで、その慌てようは「サザエさんの漫画」みたいだった。
 狸は人を化かすという。思い込みは狸か?
 パソコン受講でも、思い込みの早とちりが多々ある。説明はよく
 聞いて、よく読んで「思い込み狸」にならないよう気をつけよう。


9月で3歳です

七五三

  5歳違いの双子の兄を追いかけるように生まれた孫娘です。
  お母さんの里帰りに便乗して、高知市の写真館で和服・洋服
  に着替え記念写真を撮りました。これは、写真館でおじい
  ちゃんのデジカメで撮った一枚です。
  話は変わって、テレビで聞きましたが、小学校の運動会が終
  わって、校長先生が「皆さんまっすぐ走れましたね!」と褒
  めていたとのこと。運動神経が鈍くなっている子供が多いら
  しい。孫達運動会では真っ直ぐ走れる子に育ってほしい。
  


さつき

5月になった

 緑が深くなり、バラの花がひときわ鮮やかにさく季節を人呼んで
 皐月と云う。築約30年の我が家も年老いた住人とともに夏空を
 迎える準備が整った。連休には3人の孫達がくる。それだけでは
 ない。例年のすざましい嵐もやってくる。映画「24の瞳」で
 (10年を一昔と言うならば・・・)今から3昔まえか、10号
 台風のとき、町大工に建ててもらった新築が「よく頑張ったなー」
 と思った。今後の南海地震と台風を慮って日本建築を壊して箱型
 のハイムに住むことにした。柱がなくて、窓が大きくて、耐震性
 や台風にも強いと言う。確かに戸のたてつけは何年たってもしっ
 かりしている。だが「名月や 畳にうつる松の陰」という風情は
 ない。天二物を与えずか。こんなとき使っていいのかな? 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。